【質問】あなたは、1日の中で生産的な時間は何時間ありますか?

世界の企業番付に位置付けられているフォーチュン500(アメリカのフォーチュン誌が年1回発表する、収入上位の企業の500社のランキング)

その、フォーチュン500の企業のCEOに関するある調査によると、
CEOの1日の生産的な時間は
平均28分
フォーチュン500に入るような大企業のCEOは、
超多忙で自分が本来やるべき仕事に取り組める時間は
ほんのわずかしかありません。

そこまでとは言わなくても、
経営者、起業家、プロスポーツ選手など
成果・成長し続けることが求められる人の多くは
常に時間に追われています。

このサイトを訪れたあなたは、そんな“忙しい”方だと思います。


フォーチュン500のCEOの調査はあくまでも
仕事に焦点を当てての時間になりますが
仕事以外にも重要なことはたくさんあります。

あなたにとって、人生において重要なことに取り組める時間
1日どれぐらい確保できているでしょうか?

忙しい人が時間を作る方法は2つ

時間に追われながらも常に成果を求められ
高いパフォーマンスを維持する必要がある人は
1日の中でやるべきこと、予定はどんどん舞い込んできます。

“仕事は忙しい人に頼め”という格言があるように
できる人に程、様々な依頼や問題の処理を求められます。

そんな中でも、自分がやるべきことに取り組むためには
どうすればよいのでしょうか。

その方法は、2つあります。
  1. 何かを削り、時間を確保する
  2. 生産性を高めて、取り組む時間を短縮する
忙しい人が時間を確保するためには、
「何に時間を使うのか取捨選択し」
重要ではない行動を削る方法と

生産性を高めて
「1時間かかったことを30分で終わらせる」
ことで時間を確保する方法しかありません。

なぜ、私がこの話をするのか

濱崎旦志と申します。
現在、サムライコーチングという屋号で
人材育成のコンサルタントとして
ビジネスコーチや研修講師などの活動しています。

今まで説明した内容は
私自身が今まで関わってきた“成功者”と呼ばれる方や
“トップアスリート”と呼ばれる方から学んだこと

そして、その経験を活かして
国籍・年齢・性別・能力関係なく
人の成長をサポートしてきた体験が
もとになっています。

プロフィール

サムライコーチング
代表 濱崎 旦志(はま)
ビジネスコーチ&人材育成コンサルタント

・豪華客船、入会金100万円を超えるレジデンスにてエグゼクティブに向けた運動指導を経験
・単身キューバに渡航し、現地の国立大学の野球コーチよりマンツーマンで指導を受け、キューバの指導者とともにイタリアに派遣され野球の指導を行う

上記の経験から、プレッシャーのかかる状態で常に高いパフォーマンスを発揮できている人はビジネス・スポーツ関係なく共通の能力を持っていることに気が付く。

その後、スポーツに限らず人の成長に関り自身の理論を実証するために、教育・ビジネスの領域でも活動を始める。

成果を出し続ける人がもつ「やるべきことをやり続けされる」習慣化のスキルを、身に付けてブレイクスルーできるようサポートしている。

「成長する喜び」と「自分の行動で世の中が変わる面白さ」を体感できる人が増えることを目指して活動中。

2つの特典資料をプレゼント!

私が今まで関わってきた人で
いわゆる“成功”している人たちは
忙しい人ばかりです。

フォーチュン500の調査も
正しいと実感できるほど
忙しく日々を送っている方々ばかりです。

そんな、忙しい中でも
成果を出し続けている人は共通して
「目の前のやるべきこと」ではなく
「先の未来に向けてやるべきこと」
取り組む時間を確実に確保し行動していました。

未来に向けて行動できる人の方が
成果を出し続けられることは明白です。

ここまで、読んでくださってあなたには
今以上に成果を出し続けるために必要となる
2つのスキルを身に付けることができる特典を用意しました。

日頃、私がコンサルを行ったりセミナーなどで
使用しているものを一人でも実施できるように
カスタマイズした資料になります。

少し、骨の折れる作業などもありますが
今までの経験から自信をもって効果があるとお伝え出来ます。

ぜひ、無料で受け取れる今のうちに受け取ってください。
無料特典①

「自分で自分のやる気を引き出す
 セルフマネジメント術」

セルフマネジメントとは、自分の特性を理解し自分の力を最大限発揮できるように管理・コントロールする力です。
この力を身に付けることができれば、好きな時に自分で自分のやる気を引き出したり、先送りすることなくやるべきことに取り組めるようになります。

セルフマネジメント力が身に付くと、生産性が高まり今取り組んでいる作業が短時間で終わり、時間を確保できるようになります。
※ご自身以外にも部下育成など社内研修資料としても活用いただけます。
無料特典②

「忙しい人専用の非常識な時間管理術」

7つの習慣で紹介されている、時間管理術の「緊急性」と「重要度」で日々の行動を4つの領域に分けて考えるタイムマネジメントがあります。

それを元にしていますが、この資料は“忙しい人”専用の時間管理術です。一般的に言われている手法と異なり、“忙しい”人だからこそ適応できる手法を紹介しています。

※こちらの資料は、実施する人を選ぶため特典①と異なりご自身でのみ活用いただくことをお勧めします。

特典の受け取り方法

下のフォームに入力すると特典資料のダウンロードページに移動します。
※フォームに登録いただくと、不定期で役立つ情報やお得なお知らせをお届けします。

特典受取フォーム

下記の項目に入力の上、送信をお願いします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。